Berlinからの報告

キリストが生まれて既に2000年以上が経ったのに私達はまだ小さなことで悩んだり人と比べて落ち込んだり羨んだりしている。私達は歴史の中の小さな点に過ぎないけども、でも確かに存在する。自分を誇れる有意義な点でいたい。

面接1件目を経ていろいろ(内面的な)気づき

先週の火曜日、こちらに来てからはじめて仕事の面接へ行ってきました。 結論から話すと、お互いの要望があまり一致していなかったので、ここで働くことは無さそうです。 ただ、今回面接に行っていい収穫があって、それは自分の考えがもっとクリアになったこ…

お仕事さがしを始め、年末から年始にかけてのいろいろ

ちょっとブログ記事をご無沙汰していました、というのもSNSを控えていたので基本オンライン上から消えておりました。ドイツに来てからInstagramを始めて楽しく続けていたんですけど、Likeや通知が増えるにつれて携帯中毒っぽくなる懸念が増してきたため、最…

契約書不在のフリーランス契約なんてダメ絶対!

暦は師走。そして、こちらベルリンは街中クリスマス一色。クリスマスマーケットでホットワインを飲んで家族とゆったりするのが素敵、そんな季節です。 私はというと、11月末から日本語トランスクライバー(オーデイオの書き起こしをする仕事)としてをある…

人生は短編小説

最近の語学学校の授業のテーマは「仕事」。今受けてるC1コースは一応レベル的には企業にドイツ語でアプライしたり履歴書を書く人も多くいるであろうレベルなので、まあ非常に有意義なテーマではあるけれと、いろいろあって私としてはあんまり進んで話したく…

Göteborg/イェーテボリ覚書

スウェーデン第二の都市イェーテボリはスウェーデン語で書くとGöteborg。ドイツ語読みするとなんとゴーテブァク(カタカナ表記は若干無理矢理感があるけど)。義理の家族とドイツ語で話してたときに「ゴーテブァクに行くの楽しみだね!」って言われて全然わ…

生産性で人間の価値が図られる社会とその社会に貢献したい私達

政権放送を最後まで真剣に聞いたのは初めてだった。というか、今までしっかり見たこともなかったし(NHKをつけて偶然放送されていても、大体は開始10秒くらいで見続ける意欲が削がれる)、それは選挙権を得る前も、得てからも、全く自分の参考になるものでは…

わたしのメンタルについての所感

わたしがうつと診断されてから1年半。今までは自分のことは自分が一番良くわかっていると思っていたけど、この1年半は自分のことがわたしは一番よくわからない。それくらい不安定で気まぐれなメンタルとわたしは二人三脚で歩んできた。 この疾患は人によっ…

今度から自分の力は自分のために使おうと思う

ここ2年間、わたしは仕事をしてなくて、だからこそ自由な時間はたっぷりあった。 その反面、なんか満たされない。 全然社会に貢献できてないじゃん、生産できてないじゃん、私はなんの価値もプロデュースしてないじゃん(価値創出。改めて書くと変な言葉)…

今日の難民カフェ

自分のための覚書として、毎週木曜日のSprachcaféこと難民カフェで話されたことをメモしておく。 今回の参加者 ・Oさん ドイツ人男性で主催者。とあるディズニーキャラクター雪だるまと名前が一致。ピアスにスキンヘッド。優しい。でも話すの早い。ベルリン…

中国人の友達が死刑擁護派だった

私は今日、昨日イベントで知り合った中国人の女の子とランチを食べた。私が大学時代にちょっと日中交流の事業に参加していたこともあって(中国語話せないけど)話は結構盛り上がった。彼女はとても明るくて、サバサバしていて、わたしのためにいちご1パック…

Sprachcafe 難民のための会話カフェ

ベルリンに来て1ヶ月が経って、語学学校もそこそこ慣れてきて、でも私は学校以外でのつながりが欲しかった。ここに住んでいる人ともっと知り合いたいし、ドイツ語で様々な人と話したい。私はこの町に知り合いがいない。(もちろん夫を抜きにして。)人との…

仕事はつらいもの なんて間違ってる#社会人1年目のわたしへ

以下もまたnoteからの転載。#社会人1年目のわたしへ というテーマで書いてます。会社に新卒で入ってからの3年間をセンチメンタルチックに語ってます。私は中学から高校まで体育会系で、また高校も戦前からある地方の伝統系公立高校(長鉢巻つけた応援団と…

ドイツの若者は英語ペラペラだけど意外と地元思考だったりする

以下記事はnoteからの転載です。noteというプラットフォームに挑戦したはいいものの、なんというかプロフィールの経歴マウンティングが盛んな感じが苦手なので、やっぱり自分のブログに書いてみます。そして、私の文体もnote風になっているという不思議笑 ー…

ベルリンの物乞いについて思うこと 

私は日本でよくBig issueを買っていたのでホームレスの人とたーまに会話する機会があったりした。(ちなみにBig issueのホームレス人生相談というコーナーがすごく良い)ベルリンの貧困問題、社会問題にも住んでいて思うことがあるので書いてみる。 Photo by…

みっともない(MITTOMONAI) という概念

ドイツでたまに慣れないことがあって(い所謂カルチャーショック)、どうしようもなく悶々とするとき、ああこの概念はこの国には(もしかしたら日本以外には)無いかもしれないという結論に至ることが多い。 Photo by Pablo Heimplatz on Unsplash 前々から…

どうやら語学学校の先生が私のメンタルにどハマリしたらしい

ベルリンに来てから2週間、私は開放感に満ち溢れていた。メンタルの状態も良い。なんかすごく幸せを感じる。いいぞ、この調子!ほら、やっぱり日本よりドイツのほうが合ってるじゃない!私でかした! と思ってたら、この復活祭、イースターの週末、メンタル…

店内静か社会 ドイツ

ドイツの好きなところの一つ、それは店内が静かである、正確に言えばBGMがないor最低限であること。静か!幸せ! 今日は日用品を買いに家電量販店とスーパーに行ったんだけど、びっくりするくらい無音。たまーに業務放送があるくらい。きっと店員も音がない…

ベルリンにやっと来たからまたブログ始めようかな

ブログが超絶ご無沙汰していた。でもちゃんと理由がある。 Photo by Philipp Berndt on Unsplash 3月下旬についに東京都23区からベルリンに引っ越しを達成したから。半年がかりのプロジェクトだったので無職だったくせに結構労働した。私とパートナーを褒…